FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.02.23 カダフィ大佐
チュニジア、エジプトの革命を受けてリビアでも広がってきてるデモを受けてのカダフィ大佐の演説「デモは死刑だ」。

まるで少年マンガに出てきそうなセリフだが、これは笑い事ではなく、リビアでは今デモを起こす民衆を容赦なく空爆するというカダフィ大佐による非人道的な行為が行われている。
傭兵を雇ってデモを行う市民を虐殺してるという情報もある。



1951年にリビアはイタリアから独立し、1969年に無血クーデターによってカダフィ大佐が20代後半にしてリビアの実験を握る。

かつては南アフリカのアパルトヘイトを批判し、経済支援を行ったことで南アフリカから支持を得ていたという意外な過去もあるという。


カダフィの周りには女性親衛隊のカダフィ・ガールズなるものも存在するとか・・・


しかしカダフィ大佐が独裁を続けるリビアには憲法も選挙もない。

高い失業率で潜在的に不満が高まってたところにチュニジア、エジプトで革命が起こったことでそれがリビアにも飛び火しデモが起こったが、エジプトと違いそのデモを容赦なく弾圧するのがカダフィ大佐。

だが、その行いに閣僚や軍隊からも離反者が現れデモを支援する側にまわってるが、それに対抗し今度はカダフィ大佐が政府支持派のデモ隊を送り込もうという動きもあるという。

ともすれば内乱状態に向かってしまいそうなリビア。

カダフィ政権、そしてリビアはどうなるのか・・・






スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://akanezoratobansyu.blog119.fc2.com/tb.php/1726-0fe0a1e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。